MENU

出会いのキッカケ作り

出会いのきっかけが無いと嘆いているあなた。本当に出会いのチャンスは無いのですか?
もしかすると、その人は出会いのチャンスがあるのに、それに気づかず、
ただ、見過ごしているだけなのかもしれません・・・・。

 

出勤途中やランチタイムの隣の席の女の子・・・。これも出会いのチャンスなのです。

 

後はいかに自分できっかけを作っていくか・・。
ほんの一握りの勇気があれば出会いに変えていくことが出来るのです。

 

 

タイプの子を見つけたら必ず道を聞くでも良いし、時間を聞くでも良い。とにかく自らきっかけを作っていくことが重要な事なのです。

運命を感じる瞬間

何かのきっかけで自分のタイプの人間と話をする事が出来たとします。ほとんどの人間は「可愛かったな?」で終わってしまうのではないでしょうか?

 

せっかくのチャンスなのに何も出来ないで終わってしまう。次の約束も取り付けないままに・・。

 

このように日々出会いはある筈なのに友達の彼女であったり、取引先の受付の子だったり、お得意先の営業の女の子だったりと攻めたくても、いけない相手と言う事が多いのも事実です。

 

だから幾ら想像してもかなわぬ恋として諦めてしまうのですよね。

 

攻められない恋であれば向こうから来るように仕向けてあげればいいだけです。
少し難しいとは思いますがぜひチャレンジしてください。(ストーカーにはならないように)

 

人間は偶然が重なると自然と「これは運命だ!」と思い込む生き物なのです。最初の出会いで、アポや電話番号をゲットしなくても何の問題も有りません。話の中で、偶然を装い再会できる為の情報を、それとなく聞いておいて下さい。

アイコンタクト

「目は口ほどに物を言う」・・こんな格言が有るのはご存知ですよね?

 

人間の目にはそれほどパワーが込められているんです。
このパワーは厄介で逆に何にも思っていないのに勘違いをしてしまい、
「あの子オレに気があるな」と勘違いしてしまう事も有るのです。

 

この逆もしかりです。この目力を使わない手は有りません。どのように使うかと言うと、目があった時、絶対に視線を外さないことです。

 

大抵は、目があうと、互いに視線を外してしまいますが、ここは恥ずかしいのをグット抑えて目線を外さないで下さい。
消してストーカーチックに見つめたり睨む様にみてはいけません
もし何か言われた時は『つい見とれてしまった』と言い訳をすれば誰も嫌がりませんよ。

 

例えばこれが通勤電車での1コマだとします。
おそらく次の日には、彼女と視線が合う事はないでしょう。
彼女も気づいているはずですからね。これで沢山の満員電車の人から自分の顔を覚えてくれたはずです。そこで、その日は、彼女の横顔をチラチラと見ることにします。
彼女は見られていることに気づき、内心嬉しく思うでしょう。

 

これをしばらく続けていけば何かのキッカケが有り話しかけても何の違和感もなく彼女も返事をしてくれるはずです。

昔ながらのナンパ方法

 

お金も無いし、見た目も良くない。そんな人間が考えた手段。今は古臭いと言われるかもしれないですが逆に今の若い子達からすると新鮮に映る事もあるんです。

 

今だからこそ古典的な手段ほど、出会いのきっかけ作りは効果が高いのです。

 

◆昔からあるナンパの方法◆

定期券をワザと落とし、拾ってもらう。財布を落とした振りをして、お金を借りる。時間を聞く振りをする。道を聞く振りをする。等・・。

 

特に昔からある、駅の改札口での手段は効果的です。定期券などを拾ってもらう方法などは拾ってもらった後の感謝の伝え方しだいで物凄い効果を発揮するのです。(定期の中に大事なものが入っていた、と、アピールしておき、次に有った時にお礼がしたいと食事に誘う口実が出来るのです)